合格体験記2017多摩美術大学

多摩美術大学 美術学部 合格

多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科合格

横須賀学院高校 卒業 Aさん


合格おめでとうございます
進学先の学部・学科を教えてください

多摩美術大学・美術学部・情報デザイン学科です。

美術大学の受験は、一般の大学入試と異なった面があると思うのですが、受験の仕組みについて詳しく教えてください

美術大学を一般入試で受験する場合には、デッサンなどの実技試験と、学科試験の両方が必須です。
一般的には、実技試験のウエイトが高いですが、学科試験でも一定の基準を満たさなければ合格できません。
私の場合、学科試験で英語と現代文が受験科目でした。

つばさ英語塾に通う前から、実技試験の対策として他の予備校に通っていたと、最初の面談でお聞きしましたが、学科試験の対策はどうしていましたか?

当初、学科試験は、最低限の合格ラインに到達できれば良い、と思っていたので、塾や予備校に通って特別な対策をしていたわけではありませんでした。
学校の学習を中心に取り組んでいたのですが、特に英語の勉強方法が分からず、やっているつもりでの成績が伸びず、困った状況が続いていました。
そこで、限られた時間で成績を確実に伸ばしてくれる個別塾を探していました。

つばさ英語塾を知ったきっかけや入塾するまでの経緯を教えてください

母が、つばさ英語塾の評判を聞き、一度カウンセリングを受けてみようと思いました。
高2の夏のことでした。
面談で受けたカウンセリングがきめ細やかで、その際、提案された今後の学習計画に納得できたので、入塾を決めました。

実際に通ってみて、どのような変化がありましたか?

細かいノートの取り方から、忙しい私でもこなせる効率的な予習・復習方法まで、一から丁寧に指導してくれたため、学校でも模試でも成績がどんどん伸びていきました。
英語への興味も湧き、苦手意識が自信へと変わり、センター試験本番では9割近い点数を取ることができました。

限られた時間の中で成績を伸ばすために、工夫した点を教えてください

まとめノートと音読です。
ノートを詳細にまとめることで、頭の整理ができ、音読を繰り返すことで、限られた時間で内容を確実に記憶できました。

では、授業はいかがでしたか?
つばさ英語塾の授業から、何か得るものがありましたか?

授業では、一文一文をきめ細かに精読するため、英文が正確に読めるようになったばかりか、一文一文に込められた書き手のメッセージのようなものを読み取る力が付きました。
学校では教えてくれないような、長文に関連した背景知識を、先生が分かりやすく解説してくれたため、様々な分野の知識を身に付けることができ、もっと勉強したいと思うようになったのは、自分でも驚く変化でした。

Aくんは、通常授業に加え、季節講習にも積極的に参加してくれましたが、季節講習の感想を聞かせてください

通常授業が週1回であるのに対し、季節講習は毎日連続して授業を受けるため、英語漬けになることができ、とても良い機会になりました。
講習後の模試では、毎回成績の伸びを実感できました。

約2年間の通塾でしたが、つばさ英語塾に通って良かったですか?

とても良かったです。
先生が期待以上の対応をしてくださったお陰で、限られた時間の中で英語の成績が伸び、興味も湧きました。
そして何より、志望大学に合格できたことが良かったです。

それでは、つばさ英語塾の後輩たちに、アドヴァイスをお願いします

つばさ英語塾の先生方は、英語の専門家であるばかりか、受験のプロフェッショナルなので、英語以外の科目のことや、入試全般に関する助言を積極的に受けましょう!
私の場合、現代文の勉強法をアドヴァイスしていただき、入試で好成績を出すことができました。
ですので、積極的にアドヴァイスを受け、また行動に移すことも大切です!

最後に、大学入学後、つばさ英語塾で身につけた英語力を、どのように活かしたいと考えていますか?

私は、美術大学の中でも情報デザイン学科に進学するため、これまで培ってきた英語力を通して様々な情報を手に入れ、また自分のアイデアを英語で発信していくことが今後の目標です。



Aくんのお母様からのご意見

本人・両親ともに浪人覚悟の受験でした。
ところが、つばさ英語塾に通い始めて英語の成績が伸びはじめると、「学科で高得点を狙い、現役合格するんだ!」とスイッチが入り、受験まで頑張ることができました。
先生の的確なご指導に大変感謝しております。



美術大学に合格したAくんが、つばさ英語塾に素敵な絵を贈ってくださいました!

美術大学に合格したAくんから贈られた素敵な絵